インフルエンザ罹患時、学校への連絡はどうする? 学校の裏事情も!

子供がインフルエンザに罹患したとき、学校にいつどうやって連絡すべきか迷った経験がありませんか?

都市部と地方の小・中学校に勤務した私が、これまでの経験を思い出してまとめてみました。あなたのお役に立てれば光栄です。

スポンサーリンク

朝一で「休みます」の欠席連絡を!

前日の夜から発熱したり、朝起きたら熱があった、なんて場合がほとんどだと思います。

一般的には、学校を休ませて子どもを病院へ連れて行くために、家事や仕事をどうしようかと予定をやりくりするのではないでしょうか?

「子どもを休ませる」と決めたら学校に連絡しましょう。

学校によって連絡方法がさまざまですが、特に決まっていなければ電話でOKです。

【インフルエンザ】学校を何日休むの?「出席停止期間早見表」改良版!
インフルエンザの「出席停止」って何日休めるの?いつから?どの時点から?このページでは、公開されている様々な「出席停止期間早見表」を改良して、勘違いしないように5つの例で解説をしてみました。元小中学校教師からの補足あり!

電話連絡

朝イチに連絡するとよいでしょう。

学校によっては、解錠する時間が決まっているところがあります。大半は、通勤が早い時間の先生が先に鍵を開けて、職員室で授業などの準備をしているケースがほとんどではないかと。

電話をかける時間としては、7時半~8時くらいがベターだと思います。

あまり早過ぎると、ちょうど職員室に誰もいない状況ができてしまっている可能性もあります。校内巡視や教室に行っていることもありますし、トイレや給湯室に行っていて、電話の音が聞こえない場合もあります。

また、8時近くになると、先生方の打ち合わせ(朝礼)や全校朝会などの準備があるため職員室内はバタバタし始めます。

基本的には、電話の近くにいる先生が電話に出て対応することになりますが、担任の先生方が教室に行ってからは、副校長や教頭、事務の方が電話に出るかと思います。

担任がいなければ伝言で十分です。

「今日は欠席するということ」と、「その理由」を伝えましょう。

  • 発熱はいつからか
  • 今朝の熱は何度か
  • 通院させるのか、家で休ませるのか
  • 兄弟姉妹など家族の状態様子はどうか(休んでいる場合)

どうしても担任に伝えたい場合は、早い時間に電話をした方がいいでしょう。まだ出勤していなければ、早めに一報を入れておいて、「8時ごろにまた電話します」などと伝えておくと、担任はその電話対応の準備ができます。

家庭の事情で「欠席」の電話連絡が遅くなってしまう場合があると思います。

通常は、担任が朝の会で「健康観察」や「出欠」をとり、本日の出欠確認をします。連絡が欠席連絡が届いていない場合には、1校時が始まる前に家庭連絡することになっています。

これは、病気等で欠席するのか、あるいは登校時に事件や事故に巻き込まれていないかを確認するためです。「家庭連絡がとれない、校内のどこにもいない、じゃあ校外?」となると大変なことは言うまでもありません。

インフルエンザの疑いがある場合などには、通院受診後にまた連絡する旨を伝えておくとよいかもしれません。お昼前でも午後でも夕方でも構いません。

普通なら、夕方あたりに担任から電話がいくとは思います。様子を聞きたいことと、診断結果を聞くためにです。

連絡帳

「連絡帳でのみ」という学校があるようです。

電話連絡だと、学校の電話回線が足りないので対応が大変という理由なのでしょう。都市部の大人数の小中学校では、「連絡帳」での欠席連絡が義務付けられているような感がありますが、地域によって様々な事情があると思われますので、事前に担任や学校に問い合わせておくといいでしょう。

  • 登校班の班長に頼むのか、近所の友だちに頼んでいいのか。
  • インフルエンザの検査をして陽性反応が出たら、連絡は翌日でいいのか。
  • 出席停止になっても、毎日、連絡帳を提出しなければならないのか。
  • ウイルスが連絡帳を介して感染しないように袋に入れるべきか。指定の袋があるのか。
  •  

いろいろな疑問が出てくるのではないでしょうか?

入学前の入学説明会で、その学校のインフルエンザ等の感染症の際の欠席連絡方法について説明して下さると助かりますよね。教務主任が担当だとは思うのですが、予め情報を集めて質問をしてもよいと思います。

また、面談や懇談会、あるいはPTA総会などの場で担任や学校側に聞いてみてもいいでしょう。毎年、誰もが持っている疑問だったりするかもしれません。

あまり質問が多いと、学校側もはっきりとした回答ができるように「連絡方法」「連絡内容」を細かく規定するはずです。

ちなみに、担任が「連絡帳」を見てコメントを書くのはけっこう大変です。

休み時間に子どもと遊ぶのを削ったり、何か作業をさせて時間をつくってから1人ひとりの「連絡帳」を見ます。「見ました」ハンコで済ませたり、コメントを書いたり、本格的にお返事を書いたりと様々。

お家の方も先生側も、「電話」も大変だし、「連絡帳」も大変。どっちがどうというのは結論が出ないかもしれません。

診断結果の連絡はすぐに!

インフルエンザの検査をして陽性反応がでたら、インフルエンザの診断が下されます。

インフルエンザの診断が出たら、すぐ学校へ連絡して下さい。

電話連絡の場合は、あまり時間を気にしなくていいです。流行している場合には、次から次へと学校へインフルエンザの連絡が来ます。朝の時点で欠席者が何人かいて、体調が優れなくて保健室にいる子も多い、となると、学級閉鎖や学校閉鎖の可能性が出てきます。

最終的には、校長の判断や教育委員会での話になっていくのでここでは省きます。

他の子どもたちへ感染が拡大しないようにするためにも、いつの時点でどのクラスを学年を早退させるかを判断しなくてはいけません。あるいは全校生徒なのかも。

けっこう、微妙なライン(人数)の場合もあるので、通院した子どもたちの検査診断結果が重要になってきます。明日からの欠席(出席停止)人数がおおよそでも確定できるので、すぐにでも早退や閉鎖処置をとるべきかの判断材料となるからです。

「連絡帳」での翌日連絡の場合、電話連絡可の学校に比べて1日遅れるような気もしますが、やはり地域や学校の事情があると思われるので、学校の指示に従った方がいいですね。

【インフルエンザ】学校を何日休むの?「出席停止期間早見表」改良版!
インフルエンザの「出席停止」って何日休めるの?いつから?どの時点から?このページでは、公開されている様々な「出席停止期間早見表」を改良して、勘違いしないように5つの例で解説をしてみました。元小中学校教師からの補足あり!

まとめ

以上をまとめると、

「インフルエンザの診断がでたら、すぐに学校に連絡する」べきということです。

インフルエンザに罹った子どもが「欠席」を気にせず、ゆっくりと静養できるようにするためにも、今後どうすべきなのかを含めて学校に連絡をして相談するといいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする