【インフルエンザ】学校を何日休むの?「出席停止期間早見表」改良版!

インフルエンザになったら「出席停止」になるのは知っているけど、

何日休めるの?

いつから?どの時点から?

自分や子どもがインフルエンザに罹ったときは聞いたり調べたりするけど、すぐに忘れてしまうものですよね。

このページでは、公開されている様々な「出席停止期間早見表」を改良して、勘違いしないように5つの例で解説をしてみました。

小中学校に勤務した私の経験から補足している内容もあります。

あなたの場合はどれに当てはまるでしょう!?

参考にして下さい。

スポンサーリンク

1.「インフルエンザ出席停止期間の基準」早見表

子どもがインフルエンザに罹った場合は、学校保健安全法第19条に基づいて、学校を休んだ日が出席停止の扱いとなります。

平成24年度より出席停止基準が変更され、インフルエンザの場合は次のように変更されました。

「発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで」

すなわち、

(1)発症した後5日を経過すること
(2)解熱した後2日を経過すること

この2つの条件を両方とも満たす期間、登校する事ができません。
 
 
 
一般に、「発症」日とは「発熱」の症状が現れた日を指します。
 
 

(1)「解熱した後2日経過するまで」の考え方(数え方)

学校保健安全法で「解熱した後2日を経過するまで」の意味とは、「『解熱』という現象がみられた日の翌日を第1日として計算し、翌々日の第2日が終了するまで」ということです。

例えば、「月曜日の正午」に解熱(一般的には37.5℃未満の体温)が確認された場合、火曜日まる一日で1日経過、水曜日まる一日で2日経過と考えます。(木曜朝から登校可)

勘違いしやすいのは、次の2つの考え方。

(a)解熱確認から24時間で1日経過(火曜日正午)、48時間で2日経過(水曜日正午)と考え、水曜日の午後から登校可能とする考え方。

(b)月曜日の残り半日で1日経過、火曜日のまる一日で2日経過と考え、水曜日の朝から登校可能とする考え方。

くれぐれも間違えないようにしましょう!

(2)「発症した後5日」も同じ考え方(数え方)

上記の考え方(数え方)と同じになります。

例えば、水曜日に発症した場合、木曜日で1日、金曜日で2日、土曜日で3日、日曜日で4日、月曜日で5日経過と考えるので、火曜日朝から登校可能となります。

水曜日の朝に発症しようが、夜に発症しようが、発症日は0日(ゼロ日)と考えるわけです。

慌てていると前述の2つの考え方でミス計算してしまうかもしれないので、落ち着いて計算しましょう。

診断を受けたとき、医師に確認をとると確実ですね。

2.発症後1日目に解熱した場合

  • 朝であろうが夜であろうが発熱した日が0日目。
  • 「発症した後5日を経過」する前に、「解熱した後2日を経過」を満たした。
  • 薬で解熱して元気になっても、まだ体内にウイルスが残っている。
  • 友だちにうつしてしまう恐れがあるので、5日目まで自宅で安静に!
  • 6日目の朝、登校可能!

3.発症後2日目に解熱した場合

  • 朝であろうが夜であろうが発熱した日が0日目。
  • 「発症した後5日を経過」する前に、「解熱した後2日を経過」を満たした。
  • 薬で解熱して元気になっても、まだ体内にウイルスが残っている。
  • 友だちにうつしてしまう恐れがあるので、5日目まで自宅で安静に!
  • 6日目の朝、登校可能!

4.発症後3日目に解熱した場合

  • 朝であろうが夜であろうが発熱した日が0日目。
  • 「発症した後5日を経過」と同時に、「解熱した後2日を経過」を満たした。
  • 6日目の朝、登校可能!

5.発症後4日目に解熱した場合

  • 朝であろうが夜であろうが発熱した日が0日目。
  • 「発症した後5日」目は「解熱した後」1日目のため、あと1日出席停止。
  • 学校に「1日延長」の連絡をする。
  • 7日目の朝、登校可能!

6.発症後5日目に解熱した場合

  • 朝であろうが夜であろうが発熱した日が0日目。
  • 「発症した後5日」目は「解熱」0日目のため、あと2日出席停止。
  • 学校に「2日延長」の連絡をする。
  • 8日目の朝、登校可能!

7.学校ではいろんなケースが!

(1) 他の病気の発熱から連続で…

熱が下がった日によって、出席停止期間が延長していくわけですが、病院受診時に、医師に発症日の相談、確認をした方が確実です。
 
他の病気の発熱と連続で発熱し、インフルエンザと診断されたケースがありました。風邪で発熱し引いて休んでいたら、兄弟のインフルエンザがうつってしまったという場合です。
 
医師と相談し確認するしかありません。
 
 

(2) 「出席停止」にならない?

受診していない場合や、(学校によりますが)登校許可証等が提出されない場合は、出席停止扱いにならない可能性が高いです。
 
両親や兄弟など、家族の大多数がインフルエンザに罹っていて、ちょっと熱っぽくて怪しいので受診したら、「おそらく感染してますよ」とだけ言われて検査してもらえなかった場合。熱が上がらない体質で、決定的な証拠がないのに。(受診したけど検査なしの場合は?)
 
診断書や証明書、登校許可証などの提出が必要かどうかは学校へ問い合わせましょう。事前連絡で分かっている場合は、用紙の入手先を確認しておきましょう。
 
心配な場合は、医師と相談したり、学校に問い合わせて確認をとるべきです。
 
 

(3) 自己判断の「登校」は危険

処方された薬によっては、解熱が早い場合があります。しかし、ウィルスはまだ感染者の体内にあるので、自己判断で登校した場合は学校での感染や流行が考えられます。必ず医師の判断、指示に従って下さい。
 
 
どんなに早く熱が下がってたとしても、最低、発症した後5日は出席停止となります。
 
ただし、病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めたときは、この限りではない。 (第19条 第2項)
 
学校行事や各種大会に参加するために早く登校したい、という場合があると思いますが、自己判断ではなく、必ず医師に相談して指示に従いましょう。
 
 

(4) 検査で陽性反応が翌日に出たら…

受診日に検査で陽性にならず、翌日の再検査で陽性反応が出た場合には、その旨を学校に伝えるようにしましょう。学校で「きまり」がない場合は、分かり次第すぐに連絡すべきです。

学校では、遡って、当初「欠席」にした日を「出席停止」に変更します。

欠席者数、出席停止者数、出席簿等への記録のために、担任や養護教諭、教頭(副校長)などの間で報告し合います。

インフルエンザ罹患時、学校への連絡はどうする? 学校の裏事情も!
「インフルエンザの診断がでたら、すぐに学校に連絡する」べきです。インフルエンザに罹った子どもが「欠席」を気にせず、ゆっくりと静養できるようにするためにも、今後どうすべきなのかを含めて学校に連絡をして相談するといいです。
 
 

まとめ

先日、東京都内の小学校でインフルエンザによる学級閉鎖のニュースがありました。その他、名古屋や岐阜、福岡でも立て続けに学級閉鎖が報告され、2018-2019の今シーズンはインフルエンザの流行が例年より早いかも?という見方もあります。

もしかすると、今日明日にもインフルエンザの「出席停止期間」早見表が必要になるかもしれません。

病院へ受診するにも、学校へ連絡するにも、「発症日」を確定するためには「発熱」した日が重要となってくるので、忘れずに記録・記憶しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする