藤田菜七子がサンデーレーシングの馬で今季11勝目(JRA女性騎手最多勝タイ)

(出典:ホリプロオフィシャルサイト)

注目の美人女性騎手が今季11勝目を上げました。

「美人ジョッキー」「マジかわいい」と話題が
絶えない藤田菜七子(20)騎手。

97年に牧原由貴子(現・増沢)が記録した
JRA女性騎手年間最多勝記録に並んだわけ
ですが、

昨年16年の3月にデビューしてから2年目で
最多勝タイ記録を果たしたことは当然スゴイ!

でも、ツイッターをみると

「サンデーレーシング」というワードが何度も
出てくる。

なので、気になって調べてみました。

スポンサーリンク

1.藤田菜七子とは

JRAに16年ぶりに誕生した女性新人騎手と
して昨年3月に注目を浴びましたが、それ以前
の競馬学校時代から「美人」「かわいい」と
有名だったようです。

◆ 藤田 菜七子(ふじた・ななこ)
・1997年8月9日、茨城県生まれ。19歳。
・美浦・根本厩舎所属。
・JRAでのデビューを前に16年3月3日に地方・川崎競馬で初騎乗。
・同24日の浦和3R(アスキーコード)で初勝利。
・JRA初勝利は同年4月10日、福島9Rのサニーデイズ。
・16年は中央6勝のほか地方で8勝をマーク。
・昨年4月から芸能プロダクション「ホリプロ」に所属。
・2年目の今年はJRAで7勝を挙げている(6日現在)。
・家族は両親と弟。
・157.4センチ、45.6キロ。血液型A。
(出典:スポーツ報知

この他にも、

・好きな食べ物はお肉とスイーツで、趣味は読書。
・剣道と空手の経験があり、どちらも有段者。
・ピアノも習っていた。

数々の習い事を掛け持ちする才女らしいです。

芸能プロダクション「ホリプロ」にも所属して
いるので、オフィシャルサイトあります。

これをよると、騎手になるきっかけは、

小学6年生の時に馬のかわいさに目覚め、乗馬苑に通い始める。

だったことがわかります。

ということは、剣道や空手に段を取るくらい
励んだ年齢よりも前に、既に馬に興味があった
ことになりますね。

人生のきっかけは、ほんと面白いものです。

2.「サンデーレーシング」の馬に乗る意味

ツイートが飛び交っていることからも話題性が
高いことがわかりますね。

ツイッターをみてみると、
「サンデーレーシング」のワードが重要な
意味を持っているように思われます。

よくよく調べてみると、藤田菜七子騎手は
まだ若くて経験が浅いという理由からか、
勝てそうな馬があまりまわってこなかった
みたいです。

つまり、

強い馬の持ち主(馬主)から騎手の依頼が
なかなかなかった。

でも、まだ実績がない馬や、まあまあの馬
に騎乗して、少しずつ実績を積んできたの
が藤田菜七子騎手らしい。

そして、ついに歴代有名馬の馬主として
名高い「サンデーレーシング」の馬に騎乗
することになって、この10月に入って
から話題に上がっていました。

過去の有名馬を上げてみました。

・ヴァーミリアン – 2007年川崎記念、JBCクラシック、ジャパンカップダート、東京大賞典、2008年フェブラリーステークス、JBCクラシック、2009年帝王賞、JBCクラシック、2010年川崎記念優勝
・オルフェーヴル – 2011年皐月賞、東京優駿、菊花賞、有馬記念、2012年宝塚記念、2013年有馬記念優勝
・ジェンティルドンナ – 2012年桜花賞、優駿牝馬、秋華賞、ジャパンカップ、2013年ジャパンカップ、2014年ドバイシーマクラシック、有馬記念優勝
・ジョワドヴィーヴル – 2011年阪神ジュベナイルフィリーズ優勝
・スリープレスナイト – 2008年スプリンターズステークス優勝
・ディープブリランテ – 2012年東京優駿優勝
・デルタブルース – 2004年菊花賞、2006年メルボルンカップ優勝
・ドゥラメンテ – 2015年皐月賞、 東京優駿優勝
・ドリームジャーニー – 2006年朝日杯フューチュリティステークス、2009年宝塚記念、有馬記念優勝
・ブエナビスタ – 2008年阪神ジュベナイルフィリーズ、2009年桜花賞、優駿牝馬、2010年ヴィクトリアマイル、天皇賞(秋)、2011年ジャパンカップ優勝
・フェノーメノ – 2013年・2014年天皇賞(春)優勝
・ブランディス – 2003年中山大障害、2004年中山グランドジャンプ優勝
・メジャーエンブレム – 2015年阪神ジュベナイルフィリーズ、 2016年NHKマイルカップ優勝
・ルーラーシップ – 2012年クイーンエリザベス2世カップ優勝
・レーヴディソール – 2010年阪神ジュベナイルフィリーズ優勝
・ローズキングダム – 2009年朝日杯フューチュリティステークス、2010年ジャパンカップ優勝

(出典:ウィキペディア フリー百科事典)

本日10月14日の勝利で騎乗した馬名は、

「トップライセンス」

(牝4歳、美浦・尾関知人厩舎)。

新潟競馬3レースの500万(ダート1200
メートル、15頭立て)で、3番人気でした。

単勝で600円の払い戻しだったようです。

騎手が藤田菜七子で、馬主が「サンデー
レーシング」なのが人気の理由だったことが
わかりますね。

大勢のファンのツイートが理解できました。

今回の実績が評価されて、良馬への騎乗依頼
が増えるのではないでしょうか?

3.カレンダーも人気

この可愛さは競馬界のアイドルですね。

ホリプロに所属しているくらいですから
やはりカレンダーが発売されていました。

今年はあと3ヶ月ですが、2017年の
カレンダーはまだあるみたいです。

残り11点(10月14日現在)

2018年はこちら ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【壁掛】藤田菜七子(2018カレンダー)
価格:2808円(税込、送料無料) (2017/10/14時点)

 

今後も人気が出てくるはずなので、早めに
入手しておいた方がいいかもしれません。

4.まとめ

・ 藤田菜七子騎手(20)が、超有名
馬主「サンデーレーシング」の馬に騎乗
してJRA女性騎手年間最多勝記録11
勝に並んだ。

・ ファンが多いので、今後も話題に
あげられ人気の的になりそう。

・ 2018年カレンダーも発売されて
いる。

今後の藤田菜七子騎手にも期待できそう
なので、また競馬にハマりそうな予感。

チェックするのが、馬や騎手だけではなく
特定の女性騎手になりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。