【カンピロバクター食中毒】湧き水の飲用や持ち帰りの対策は?症状や治療法は?うつるの?


<出典:上越タウンジャーナル>

「お兄ちゃん、その湧き水はどうすんの?」
「沸かしてから飲んでる?」

私が住んでいる近くの山の湧き水を汲んでいた
時に言われたことばです。

「そのまま飲んでも大丈夫ですよ」

私はそのように答えました。

なぜなら、もう1年以上も週2回ほど汲みに来て
いて、飲料水と冷やして飲んでいたからです。

もちろん、ご飯や味噌汁をつくるときにも、
調理にも使っていました。これは沸騰させて。

「やっぱり飲まない方がいいのか…」

かなり迷ったことを思い出します。

現在はもう飲んでいないのですが、驚くべき
ニュースがあったのでかなりビビっています!

新潟県は5日、妙高市猪野山の山中で、わき水を飲んだ小学生とその家族43人が発熱や下痢などの症状を訴え、12人からカンピロバクターが検出される食中毒が発生したと発表した。全員快方に向かっているという。( 6/6(火) 11:45配信  毎日新聞 )

え?

カンピロバクターって何?

中毒って?

怖くなって調べてみました。

スポンサーリンク

1.カンピロバクターとは

食中毒の原因菌の中では一番多いと言われて
いるのが、カンピロバクター菌です。

「カンピロバクター・ジェジュニ」がという
ものが多くをしめ、カンピロバクター・コリ
というものもいるそうです。

この菌は、酸素が「少し」ある環境を好み、
多かったり、まったくない環境では増殖でき
ません。

カンピロバクターは、熱や乾燥に弱くて、
31℃から46℃が増殖できる温度域。

主な生息場所は、ウシ、ブタ、ヒツジ、ニワ
トリ、イヌ、ネコ、ハトなどの消化管内で、
ふん便から検出されることがあるようです。

2.カンピロバクター食中毒の症状は

主な症状は胃腸炎で、潜伏期間が1~7日間
と他の胃腸炎より長いことが特徴。

他の症状は以下の通りです。

  • 下痢
  • 腹痛
  • 発熱
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • めまい
  • 筋肉痛など

他の感染型細菌性食中毒と似ていますが、
カンピロバクターは1日の便回数が多く
血便を伴う比率も高いことが特徴です。

初期症状は風邪と間違われることもある
ようです。

また、比較的予後は良好とのこと。

ただし、長引くこともあって、感染した
1000人に1人の割合でギラン・バレー
症候群が発症するらしいです。

手足の麻痺、筋力の低下や脱力が現れたり、
呼吸困難になったりする病気です。

重症化させないうちに、病院へ行くのが
最も安心かもしれませんね。

3.カンピロバクター食中毒の治療法は

カンピロバクターが原因となった食中毒は
多くの場合、1周間程度で自然治癒により
回復に向かうようです。

ただし、以下の2つに注意しなくてはいけません。

水分補給が必要!

下痢や発熱、嘔吐などの症状によって脱水症状に
なる危険があります。他の食中毒でも同じこと。

必ず水分を補給しましょう。

いきなり冷たいものは飲まずに、常温の水や
白湯(さゆ)がおすすめです。

また、スポーツドリンクもいいですね。

症状が落ち着いてきたら、おかゆなどの消化の
良いものを食べるといいでしょう。

下痢止めの薬は服用しないこと!

1日に10回以上もトイレに駆け込むことも
あるといいます。

その大変な下痢の症状を改善するために、
下痢止めの薬を服用したくなるかもしれ
ませんが、それは絶対にいけません。

下痢という症状で、カンピロバクターを外に
排出しようとしているのが腸管運動なので。

下痢止め薬は腸内環境を整える整腸成分や
殺菌成分が組み合わさったものが多く、

腸管運動を抑えてしまうはたらきをします。

なので、腸内に入り込んだカンピロバクター
などの細菌類を閉じ込めてしまわないように
するためにも、

下痢止めの服用はダメです。

場合によっては適切な「抗生物質」

自然治癒に任せられない、早くなんとかしたい
という場合は、お医者さんに見てもらうのが
一番ですね。

その際の抗生物質としては、

マクロライド系のエリスロマイシンなどが
よく使われるようです。

他の抗生物質もあるようですが、

セフェム系の抗生物質は多くの細菌が自然
耐性をもっているらしく、

ニューキロン系の抗生物質は耐性菌を誘導
することがあるよう。

結局はこれら2つは効かないということです。

薬については、なんという薬をどれくらいの
期間服用すればいいのか、お医者さんによく
聞くといいです。

症状によって量や期間が違ってくるようなので。

4.カンピロバクター食中毒の対策や予防は?

カンピロバクターの感染源は食肉が多いよう。

また、熱や乾燥に弱い。

ということは、

  • 生や加熱が不十分な内臓肉は控える
  • 調理器具は、調理後熱湯消毒をして乾燥させる

二次感染を防ぐためには、

  • 調理器具を使い分ける
  • 生肉と調理済みの肉類は別々にする(保管時)
  • 生肉を調理したあとは、手や指をしっかり洗浄する

ちなみに、カンピロバクターは、低温環境下
ではより長時間生存できるようです。

冷蔵庫で保存しておいたものは必ず加熱
してから食べるようにしたいですね。

5.カンピロバクター食中毒はうつるの?

結論から言うと、ほとんどうつりません。

ただし、通常の生活ではないことですが、
口移しや便からの感染は可能性があります。

お子さんのおむつや、介護のおむつを取り
替えることがあったら必ず手を洗浄すべき。

そばで感染者が嘔吐した異物を浴びたり、
異物を処理することになった場合も、

触れた部位はしっかり洗浄した方がいいです。

また、ペットを飼っているなら、

ウンチの処理には気をつけるべきですし、スキン
シップのキスも気をつけた方がいいですね。

湧き水の飲用や持ち帰りの対策は?

前述の毎日新聞には、以下のようにあります。

県は、わき水を煮沸せずに飲用する授業は不適切だったとして同校を指導。わき水の近くには「生で飲まないように」などとする立て札を設置した。県は、「井戸水やわき水の水質は変動するので、煮沸してから飲むように」と呼びかけている。

確かに、「煮沸してから飲む」ように
すれば確実です。

しかし、上記の学校の教師たちは、事前に
現地へ行って湧き水を飲んでいるようです
が、問題なかったみたいです。

また、水を飲んでもなんともなかった子ども
やご家庭もあったわけです。

同じ湧き水を飲んだのに、どうしてこのよう
な違いで出てくるのか全く分かりませんが、

確実に言えることは、

その日によって成分が変わるということ。

気象条件や地殻の変動、あるいは上流で
動物が死んでいるとかで、

日によって流れてくる水に何が混ざって
いるか分からないということです。

どうしても飲みたい場合は、その場か
持ち帰って煮沸させて飲むしかないで
しょう。

どうしても現地で飲みたい場合は、
「携帯用浄水器」しかありませんね。

まとめ

カンピロバクターは熱と乾燥に弱いので
調理器具の片付け方には注意するとともに、

生肉など食べる時にはよく焼いて食べる。

万が一感染したら、早めにお医者さんに
診てもらって抗生物質を服用する。

下痢や嘔吐には苦しむようだが、水分補給
をして、下痢止めは服用しない。

湧き水は、沸かしてから飲む。

当たり前のことばかりですが、

大自然を目の前にすると山で飲む湧き水を
飲みたくなりますね。

でも、くれぐれも注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。